アイキャッチ

新作公演『カメラマンの変態』の公演情報です!【全公演、前売り券完売御礼!】

お待たせしました! 新作公演『カメラマンの変態』の公演情報です。老人ホームを舞台にした、91歳の老人とオーストラリア人の介護職員が繰り広げる、世代も人種も越えた「エロス」を追い求める介護劇。みなさん、ぜひお越しください。


oibokkeshi_yhk_1104_2oibokkeshi_yhk_1104_2

 

「老いと演劇」OiBokkeShi第4回公演
『カメラマンの変態』

〈岡山公演〉2017年12月24日(日)/25日(月)蔭凉寺
〈美作公演〉2018年1月27日(土)/28日(日)特別養護老人ホーム蛍流荘

老人ホームに激しく鳴り響く鈴の音。
脳梗塞を患い、右半身麻痺で車椅子の生活を送っている老人は、かつてカメラマンだった。
彼の撮影介助をするのは、オーストラリア人の介護職員。
言葉を失った老人は鈴を鳴らし、言葉が片言の介護職員の手を借りて、老人ホームで繰り広げられる現実と夢を切り取り続けている。
「おれのエロスはどこにある?」
超高齢社会の課題に「演劇」というユニークな切り口でアプローチしてきた「老いと演劇」OiBokkeShiによる、
世代も人種も越えた「エロス」を追い求める介護劇の幕が上がる。

(上演時間:約45分)

[作・演出]
菅原直樹

[出演]
岡田忠雄
ポール・エッシング
申瑞季(青年団)

[スタッフ]
舞台監督:市川博明
映像:南方幹
宣伝美術:hi foo farm
宣伝イラスト:あさののい
題字:和気はじめ
制作:野坂牧子 濱町有衣子
企画制作:「老いと演劇」OiBokkeShi
特別協力:蔭凉寺 社会福祉法人光風福祉会 シバイエンジン

〈岡山公演〉

[日程]
2017年12月24日(日)17:00
25日(月)18:00
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前

[料金]
前売2,000円 当日2,500
20歳以下1,000円
※公演当日、受付にて年齢が確認できるもののご提示をお願いいたします。
※未就学児童はご入場いただけません。

[会場]
蔭凉寺
岡山県岡山市北区中央町10-28
※駐車場はありませんので、公共交通機関でお越しください。

[アクセス]
〇路面電車(電気軌道清輝橋線)
岡山駅前→大雲寺前(所要時間:8分)
大雲寺前より会場まで徒歩4分

〈美作公演〉

[日程]
2018年1月27日(土) 17:00
28日(日)17:00
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前

[料金]
前売1,500円 当日2,000
20歳以下500円
※公演当日、受付にて年齢が確認できるもののご提示をお願いいたします。
※未就学児童はご入場いただけません。

[会場]
特別養護老人ホーム 蛍流荘
岡山県美作市湯郷903
※駐車場あり

[アクセス]
美作インター停留所、林野駅から会場までの送迎あり! 送迎をご希望の方は事前にご連絡をお願いいたします。
〇ハイウェイバス:中国ハイウェイバス
大阪駅発、新大阪駅経由→美作インター停留所(所要時間:約2時間20分)
〇電車:JR西日本姫新線
姫路駅→林野駅(所要時間:約1時間40分)
〇バス:宇野バス美作線
岡山駅→鷺湯橋(所要時間:約1時間30分)→鷺湯橋より会場まで徒歩3分

[申込方法]
〇インターネット予約
シバイエンジン
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=79cf988e81

全公演、前売券販売予定数に達したため完売いたしました。たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました!
なお、当日券は、開演60分前より会場受付にて若干枚販売いたします。

〇電話
「老いと演劇」OiBokkeShi
tel:090-8045-5175

[お問い合わせ]
「老いと演劇」OiBokkeShi
mail: oibokkeshi@gmail.com
web:oibokkeshi.net
tel:090-8045-5175

◎「老いと演劇」OiBokkeShiとは
俳優で介護福祉士の菅原直樹を中心に、2014年に岡山県にて設立。「老人介護の現場に演劇の知恵を、演劇の現場に老人介護の深み」という理念のもと、高齢者や介護者とともに作る演劇公演や、認知症の人との関わり方を考えるワークショップ等を実施。演劇という、太古から営々と築き上げられた芸術活動によって、地域社会に「老い」「ボケ」「死」の明るい未来をあぶりだしたいと願っている。

◎菅原直樹
1983年栃木県宇都宮市生まれ。奈義町アート・デザイン・ディレクター。俳優、介護福祉士。四国学院大学非常勤講師。平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属。小劇場を中心に、前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大など、新進劇作家・演出家の作品に多数出演。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として働く。2012年、岡山県に移住。現在、認知症ケアに演劇手法を活かしたワークショップを全国各地で実施している。