オンライン

『The Home オンライン版』

日程:2021年9月24日(金) - 12月31日(金)

会場:オンライン

原案・総合演出:クリストファー・グリーン [英国版]作・演出・出演:クリストファー・グリーン [日本版]作・演出・出演:菅原直樹

チラシ画像

出演

出演:阿部輝鈴木真之介佐藤蛍武田有史石川佳代 大串三和子小渕光世滝澤多江田村律子林田惠子百元夏繒葛西弘北澤雅章髙橋清竹居正武遠山陽一森下竜一

オンラインで感じる、「老い」と「介護」

『The Home オンライン版』は、イギリスのアーティストで、ローレンス・オリヴィエ賞受賞作家でもあるクリストファー・グリーンによって2019年に初演されたイマーシブ・シアター(没入型演劇)を原案とし、コロナ禍を経て日英合作のオンライン版として再創造されました。

オンライン版は、クリストファーの総合演出の下、クリストファーが作・演出した英国版と菅原直樹が作・演出し、「さいたま・ゴールドシアター」らが出演する日本版の異なる2つのバージョンをWEBサイトまたは専用アプリをダウンロードして楽しむことができます。

菅原が担当した日本版で描かれるのは、高齢者施設での「老い」と「介護」の関係、そしてそこで生きる一人一人の小さな物語です。

オンラインにアクセスした観客は、自分のアバターを作成し、バーチャル世界に創られた高齢者施設「あおぞら」の様々な部屋を訪ね、映像を中心とした各種コンテンツから高齢者施設の人々の生活を目撃、体験していきます。

「老い」や「介護」がすでに身近な人にとっても、まだそうでない人にとっても、いずれ誰しもに訪れるであろう「老い」とどのように向き合うのか、そのことを静かに、深く考える時間となるでしょう。

また、コロナ禍により、外出や人と人が会うことが制限される中で一層見えづらくなってしまっている高齢者施設での生活のリアルを想像する一助にもなることでしょう。

〇ストーリー

英国に本社を構える〈The Home〉は、英国内で32か所の老人ホーム〈The Home〉チェーンを経営する企業です。

海外へのシェア拡大を狙っていたところにブレクジットが起こり、欧州からアジア進出へと路線転換し、この度、日本で有料老人ホーム〈あおぞら〉を開設しました。

〈あおぞら〉では英国本社の掲げる「ウェルビーイング向上」を基に、演劇や和太鼓など独自の芸術文化プログラムを展開。

「介護に文化を」をモットーに、施設長・柏原直人(菅原直樹)を中心とした入居者本位のケアに熱い情熱を注ぐスタッフと、演劇好きで個性派揃いの入居者たち(さいたまゴールド・シアター)が、泣いたり笑ったり、賑やかな日々を送っています。


○〈バーチャル施設見学〉はこちら

https://www.thedigitalhome.org/jp

○オンライン・ワークショップ〈あおぞらシアター〉はこちら

https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/91787/

スタッフ

映像監督遠山昇司

撮影・編集加藤信介

映像プロデュース武田知也(ベンチ)

デジタルプラットフォーム制作Marmelo(英国)

宣伝美術hi foo farm

宣伝イラストあさののい

企画・制作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

主催

独立行政法人国際交流基金、

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

共同制作

独立行政法人 国際交流基金、

オールバニー劇場、

エンテレキー・アーツ、

クリストファー・グリーン、

公益財団法人 埼玉県芸術文化振興財団